SITE MENU


Pickup Site


滝田商店
位牌の戒名入れのほか、珠数や線香、盆提灯、分骨つぼの通販。

お仏壇のはせがわ
葬儀・仏壇・仏具・霊園・墓石のことならはせがわにお任せください。

仏壇ナビ
知識系コンテンツから仏壇店の検索機能まで無料で提供。

仏壇選び

以前は仏間があったため、仏壇を置く場所に困ることがありませんでしたが、最近建てられた家は仏間がないものがほとんど。
半畳ほどの少しのスペースがあれば置くことができるのですが、そのスペースもない場合は壁掛けにできる仏壇がおすすめです。
またタンスの上におけるサイズのものも発売されています。

場所が決まったら、幅をはかります。
高さだけではなく、奥行きも重要になります。
仏壇は基本的に左右に開く観音開きなので、扉を開けた状態を加味して測定しましょう。

そのほかに大切なことは、日光や性暖房の風邪が直接当たらないこと。
湿気が少ない場所を選びましょう。
耐久性を兼ね備えた仏壇であっても、おくスペースのコンディションが悪ければ、いたんでしまう可能性があります。
また人がお参りしやすい場所に置くのも大切◎
人が集まるリビングにおいても良いでしょう。

価格は素材によって違ってくるので、3万円ほどのものもあれば、50万円以上するものもあります。
素人では区別がつかないのが現状。
しかしあまりにも安いものは、耐久性の面で問題があることが多いので注意!
先祖代々受け継がれていくものですから、多少費用はかかったとしても良いものを選びましょう。






おすすめ記事

いつでもそばに

仏壇を置くことにより形として故人の供養ができ、いつでも語りかける事が出来ますよね。もちろんそんなのは生きている者の自己満足でしか無いのですが、悪いことではありません。

一緒に

仏壇があれば、ご先祖様と一緒に暮らしている……と言っても、信心深くない人にはそれの何がいいのかわからないかも知れませんね。でも、誰かに見られているという意識は、生活を引き締めてくれます。

自分のため

仏壇仏具はご先祖様のためにもいいものを選びたいですね。ご先祖様のためということは、巡り巡って自分のためということでもあります。
別にスピリチュアルな話だけじゃなくて、自分に流れている血を誇るってことですから、普段の行動にも現れてくると思います。

マナーに注意

国内における散骨は、ある程度マナーを守れば特に問題視されることはありません。
自然葬で故人の遺骨を自然に返すときは、その土地の所有者、もしくは行政機関に許可を得なければいけません。
散骨する場合は、遺骨を2ミリ以下に粉砕しなければいけないという決まりがありますので、ここも注意したいところですね。

自然葬

遺骨を海や川などの自然に返すことを「自然葬」といいます。国内においてはあまり一般的ではありませんね。
国内で行われている自然葬は、主に海や川に散骨したり、墓標替わりの樹を植えて、そこに埋葬する方法です。

What's New

2012/03/14
おすすめ記事1を更新。
2012/03/14
おすすめ記事2を更新。
2012/08/09
おすすめ記事3を更新。
2012/11/08
おすすめ記事4を更新。
2012/03/14
おすすめ記事5を更新。
2013/02/05
おすすめ記事6を更新。
2012/01/06
新着情報を更新。
2012/01/06
散骨を更新。
2012/01/06
葬儀を更新。
2012/01/06
忌中を更新。
2012/01/06
故人のためにを更新。
2012/01/06
仏壇を買うを更新。
2012/01/06
ホームページリニューアル